So-net無料ブログ作成

資本に負けた男 [掃除]

さあさあ毎度おなじみ撮影しやすい物件
P1020190.JPG
ではありません(笑)のでさっさと済ませましょう

動画みたいに1発仕上げに挑みますが
P1020191.JPG
上に持って行く時だけガラスを濡らし
P1020192.JPG
あとは濡らしかっぱぎ同時進行
さあどうだ?
P1020193.JPG
何だこの使いやすさは!
ワンストをかなり研究して作ってますねこれ、さすがベルギーの老舗。リクイディター作るだけの事はあるわこりゃ。
気になったのは
P1020194.JPG
自作ワンスト以上に隅っこに届かない
これは
P1020210.JPG
チャンネルとシャンプーの隙間の差からくるものなんだが
自作可動式とシャンプーの位置を見比べると
P1020214.JPG
水受け時の可動式の位置とほぼ一緒

やっぱ俺いい線いってたんじゃん、と自己満足に浸りかけたが固定ワンストを開発する意味がこれで完全に無くなったわ。コンビネイターをちょこっと改造すれば俺の使用目的にピッタリ合うもん。
ホルダーを
P1020211.JPG
斜めにカットして
P1020212.JPG
シャンプーカバーも斜めに縫い直せばばっちりだよ。

なんだろかねこの虚しさは(笑)。




nice!(13)  コメント(7) 

試す男 [掃除]

物凄く気になるので
P1020196.JPG
モアマンコンビネイターとりあえず買ってみた
前に説明したけど
P1020199.JPG
これを回すと
P1020200.JPG
Tバー部分がポコッと外れ
P1020201.JPG
ワンタッチでスパイラルポジションに早変わり
P1020202.JPG
ちょっとシャンプーの位置が低い気もする

それはさて置きワンスト時のシャンプーの位置
P1020206.JPG
毛が短いのでここまで近づけても平気なのかな?

さあテストテスト[るんるん]



nice!(13)  コメント(7) 

疑う男 [掃除]

モアマンのコンビネーターってスクイジーがあるんですよ、スパイラルもワンストもワンタッチ変更可能。エトレのバックフリップを良い具合に小型化したような感じと言えば良いかな。

かなり前から知っていましたが、その動画を見てみると

濡らしとかっぱぎ同時に、実にスムーズにやってるんですよ。

これ簡単そうだけどわが自作ワンストだと地味に難しい、切り残しが良く出ると前にも書いてますが35cm可動タイプだとあまり出ないのに気付いた。

で、自作40cmワンストをよーく観察すると
P1020167-1.jpg
分かりますかね?
P1020167-2.jpg
P1020167-3.jpg
左右でシャンプーホルダーの出っ張り具合が違うの。

これすなわちチャンネルとホルダーが平行にくっ付いて無いって事。
それで右回しの時にちょいと浮くだけで切り残しが出るって事だと思う。

早速原因を探すと
穴が出っ張っているのでここが干渉してるのか?
P1020169.JPG
削ってみた
P1020170.JPG

さあどうだ?
P1020171-1.jpg
全然
P1020171-2.jpg
P1020171-3.jpg
変化無し

あら?するってーと
P1020172.JPG
カスタムバックプレートのグリップに当たる部分の逃がしが少ないのかな?

削ってみたが
P1020173-1.jpg
やっぱり
P1020173-2.jpg
P1020173-3.jpg
変化無し

で、ここで思い出したがこのカスタムバックプレートは加工時に少し傾いてるんだよ。
計ってみると
P1020174.JPG
P1020175.JPG
左右で約0.2mmの差。あ、これだわ。

現状では卓上フライス盤のバイスをしっかり平行に固定出来ないので再加工しても意味がない。
それにワンストは可動の方がやっぱ良いので追加工よか違うタイプ製作だな。

納得のいく答えを得る事が出来るのだろうか?




nice!(16)  コメント(18) 

夢見る男 [掃除]

そんな訳でモアマンリクイディター&フリックの操作の練習すべく色々なポール作業の動画を見てるのですが、ワグテイルのちょっと変わったスクイジーを見つけた

幅広の板状のチャンネルにシャンプーがくっ付いているって書くとワグコンビの説明と一緒の様な気もするがこれもパタッとパターンと言えばいいのかな?

で、これは板だけどコの字かくの字なら濡らしとかっぱぎ同時に出来んじゃね?
パパっと考えると
P1020101.JPG
ちょっと見えにくいか?こんな感じの
P1020102.JPG
作って
P1020103.JPG
チャンネルの代わりに咥え込む、これならハッスルズ特許には触れもしない

我ながら凄いアイデア(と言っても今度はワグのパクリと言えなくもない)なんだが
P1020097.JPG
さすがに具現化はキツくないかい?

現状ではパタッとカスタムが活躍してるので先に財布を仕上げてからゆっくる考えるか。






nice!(14)  コメント(18) 

笑えない男 [掃除]

縫っていたシャンプーなんですが
P1020135.JPG
例の
P1020136.JPG
パタッとタイプ35cm版、25cmのがやたらと調子いいので弊社標準の35cmに着手しました。

もちろん動きは
P1020138.JPG
P1020139.JPG
パタッと手前に持ってくるオーバーパターン、板シャン固定も4ヵ所にしたので安定感抜群

で、テスト結果は
P1020148.JPG
笑っちゃうくらい良い、このチャンネルはただのドッグイヤーですが板シャンと相性良いみたいで縁の残りはリクイディターに匹敵する。

非常に良いのだがこれもネジ穴利用なのでハッスルズさん特許の壁を越えられてないので商売に出来ない。強いて言えばこれも棒状ではなく着けているのはパイプだ!と言い張るくらいだが通用しないだろうな、追加特許?申請してあったし。

金儲けって難しいね。




nice!(12)  コメント(16) 

はしゃぐ男 [掃除]

と言う事で
P1020085.JPG
やって来ました撮影しやすい物件(笑)
さっそくゴシって
P1020086.JPG
パタッとシャンプー裏返し
P1020087.JPG
スクイジる
P1020088.JPG
左手なのでちょいとぎこちないが
P1020089.JPG
ドッグイヤー特有の引っかかり感もさほど無く結構スムーズにかっぱげた。

さて観察してみると
P1020090.JPG
上の方だけ例の切り残しが出る
チャンネルの角度で
P1020091.JPG
P1020092.JPG
出来る隙間が違うのでここらへんは癖を掴むしかないか。

で、この日はずっとこれを使ってガラス清掃していたんですがまあ調子の良い事。
片手作業においてはスパイラルポジションをしのぐ使いやすさは素晴らしいの一言では表せないくらい(大げさ)。
けど
P1020094.JPG
案の定隅はめくれてしまうので気を付けないとだな。

これで
P1020093.JPG
ワンストロークみたいに汚水受けを着ける事が出来れば完璧なんだがなぁ、こんなに濡らすのは好きじゃない(笑)。

さあ次の課題が出来たぞ[わーい(嬉しい顔)]





nice!(15)  コメント(16) 

見えなかった男 [掃除]

いきなりですが
P1020049.JPG
ステコンチャンネル25cmドッグイヤーカスタムのフリップタイプ完成

チャンネルの端の形状はなかなかの出来栄えなので腹部分の謎の切り残しさえ解消されれば結構使えるんじゃね?とまじまじと眺めていたら
P1020054.JPG
ん?削れてる?
いや
P1020059.JPG
なんとびっくりバリだった。なるほどこれが邪魔して切り残しが派手に出てたのね。

気付かねーよこんなんよーと独り言をわめきながらゴムの向きを変えてせっかくなのでフリップタイプに一気に改造(笑)。モアマンのフリックに比べるとヘニョヘニョなので強度が気になるが一応シャンプーとしての強度はあるだろうからそのまま使ってみた。

チャンネルに被せ
P1020050.JPG
ガラスを濡らし
ペコっと
P1020051.JPG
パタつかせチャンネル出してかっぱぐ。

イメージはこんな感じ


問題点は
P1020062.JPG
乾いてる時はイージーにパタパタさせても大丈夫なんですが
P1020063.JPG
濡れると引っかかるかな?

さあテストテスト[わーい(嬉しい顔)]





nice!(10)  コメント(16) 

理解した男 [掃除]

そんな訳でまずは
P1020028.JPG
スパイラルポジションにてテスト

ゴシゴシと
P1020029.JPG
擦って
P1020030.JPG
スクイジる
P1020031.JPG
もちろん問題無し、まあ引っかかると言えば引っかかるが寝かし気味にすればかなりスムーズ。

そして本命
P1020032.JPG
ワンストロークポジションのテスト
なんとびっくり
P1020034.JPG
派手に切り残しが出る

寝かし気味にして軽めに切るのが一番良いチャンネルなので下にシャンパーがあるワンストでは不利と言う事か。

可動シャンプーなら大丈夫なのかな?もう試している暇は無いが(笑)。




nice!(13)  コメント(16) 

納得するまでやる男 [掃除]

と言う訳でスーパードッグイヤーは中断し
P1020019.JPG
これ買って来た
リクイディター2.0のエンドキャップ、これを
P1020020.JPG
スーパードッグイヤーにしようとしてたエトレチャンネルに付けられれば一番簡単!
実は使ってた40cmの加工を失敗してしまったので何が何でも40cmのリクイディタータイプが欲しい。なぜか本家では売っていないのよ40cm。

で、けっこうすんなりと
P1020023.JPG
出来た
P1020024.JPG
違和感もそんな無いし、なんかいーじゃん(笑)

ゴムの反り具合も
P1020026.JPG
本物と
P1020027.JPG
遜色無し
隙間も
P1020025.JPG
ばっちり。

さあスクイジってみようかね。




nice!(10)  コメント(14) 

むきになる男 [掃除]

チャンネル端形状は決して悪くないのだが腹部分での切り残しが派手に出る以上このままでは使えない。

そんな訳で
P1010994.JPG
コーナンの安物スクイジ買ってきた
このハンドルなら
P1010996.JPG
バックプレートがゴムを押さえるのでお腹の出っ張りを押さえ込めるはず
完成(笑)
P1010997.JPG
ばっちり
P1010998.JPG
ゴムをホールド。

で、試しましたが変わりませんでした。無理やりステコンのチャンネルを付けているのが悪いのかな?
原因は分からんがそれならと
P1020002.JPG
安物スクイジ―のチャンネルを利用して
P1020003.JPG
スーパードッグイヤー作ってみた

これならいいべ?
P1020005.JPG
お腹の切り残しは無くなったが
P1020006.JPG
また変な所を切り残してる
このチャンネルは立てて切るタイプなので
P1020009.JPG
ゴムとの隙間が大きいので寝かしてるとゴムが逃げちゃうのか?
リクイディターと比べると
P1020011.JPG
隙間が多い、これだろ原因は。

うーん、安物での端加工は無理があり過ぎるな・・・








nice!(11)  コメント(16)