So-net無料ブログ作成

理解した男 [カメラ]

小机編が続きます(笑)

兎にも角にもツバメさんがたくさん居る訳ですよ、言うなれば撮り放題。
でね、今回はAF追従でツバメさんを撮ってみようと思った訳です。

作戦としては
P1160084.JPG
飛びそうな奴に狙いを定めシャッター半押しでスタンバイ、動き出せばそのまま連写で追いかける

なんだけどね、シャッター半押しのままでずーっと構えてるのって地味に、いやかなりきつい。
何気でパナソニック自慢の空間認識AF、その名もDFDは結構早いので動いてからでも大丈夫かな?と一旦指の力を抜きそのままでスタンバイ。

動いた瞬間にシャッター押したけど
P1160085.JPG
ピント合う前に
P1160086.JPG
ツバメさんスパッと飛んで
P1160087.JPG
ピント合わす間も無く
P1160088.JPG
飛び回る
P1160089.JPG
一応ツバメさんその物は安物EVFでも追いかけられなくはないという事は分かったんだが
P1160090.JPG
俺の反応速度に問題ありだな、それとDFDの限界速度かもしかして?ここら辺がキヤノン一桁モデルの7Dとの差かも知れん。

親指AFって技があるんですよ、カメラ握った時に親指付近のファンクションボタンにAFのみを割り振っておけばそれが可能なのですが、いままでそんなの必要ないんじゃね?と思ってましたがこの撮り方だと親指AFで常にピント合わせておいて動いたら人差し指でシャッター切る方が撮れる確立上がるねどう見ても。

動き物の撮影の設定を見直そう、うん。









nice!(14)  コメント(15)