So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

思い出した男 [掃除]

弊社地下駐車場のツバメさんが無事に巣立ち、すっかりやる気を無くしたのですがまだ他の物件にもツバメさんがいるので重い体に鞭打って出勤してます(笑)

そんな重い体に気を使うべくやらなきゃならない事を思い出した。
究極(と言ってもこれはコピーだが)のコンビスクイジーシリーズ
P1080994.JPG
リクイディター40cmのチャンネルを付けたスパイラルポジション、せっかく作ったのに出番無し。
で、35cmのコンビネーターをワンストロークで使ってますが俺的にはやっぱ40cmが好みなので
P1080992.JPG
久々に普通のハンドルをワンストにしてみた。
まあ使い心地はコンビネーターに比べれば劣りますやっぱ。
それに
P1080993.JPG
この組付けでは角に当たらないからやりづらい。

そんなわけでこの40cmリクイディターをコンビネーターハンドルに乗せ換え45cm用のシャンプーホルダーを40cmに改造して
P1090008.JPG
純正版ワンスト完成、純正とは言えメーカーで何故か40cmを作らないので地味に改造がめんどくさい(笑)
ワンストロークに情熱を燃やし続けた結果
P1090009.JPG
たどり着いたモアマンコンビネーター、やはりこれも使わないといかんだろ
もちろん
P1090011.JPG
35cm版同様に斜めカット&斜め縫製

テスト結果は
P1090117.JPG
あ、もうちょいシャンプーホルダーを短くした方が良さ気だがまあいいか

結局ハッスルコピーは使わなくなりましたがハッスル特許を超えたかったなぁ。
特許取るって難しいねぇ。






nice!(14)  コメント(8) 

活かす男 [掃除]

さて、完全に用無しになってしまったウンガーステンレスプラスチャンネルですが、これは自腹で買った物。見捨てる訳にはいかないのであれこれ考えた末
P1030866.JPG
35cmにカットして
P1030865.JPG
コンビネイター専用にした

スパイラルポジション専用になってるコンビネイターですが、使用方法としては主に内側のガラスとかあまり汚れていない場所がメインで、脚立とか使わずさっさかさっさかと進められる状況での使用。
ほぼ手が届く範囲なのでドッグイヤーチャンネルの方が使い勝手はいい
P1030867.JPG
ドイツとオーストラリアのハーフになりました(笑)
P1030868.JPG
35cmにカットされたステンレスプラスチャンネルをまた曲げて使うと言うかわいそうな運命

ですが曲げ具合は少し変えてます。
オリジナルのままのステンレスプラスはゴムの背もたれに対して大きめに曲げ加工されているのでチャンネルを立てると謎の切り残しが良く出た。
なので
P1030869.JPG
立てるのを前提で曲げ具合を少なめに調整、これで変な切り残しは出ない。出ないとは言えリクイディターと比べれば普通の切り残しが出るけどね。

スクイジーシリーズもこれで完結かな?




nice!(11)  コメント(12) 

動画を考えてる男 [掃除]

そんな訳でウンガーステンレスプラスにリクイディターの端のキャップを無理やり取り付けたんですが、これがどうにもこうにも上手く行かなくて。

エトレチャンネルでリクイディターモドキを作った時は別段問題無く仕上がったのは奇跡だったのかな?
と、よく観察したらウンガーチャンネルは立てて水切るタイプでエトレチャンネルと比べるとゴムの背もたれ(と言えば良いんだろうか?)がぐーっと反り上がってる。これが原因。

んじゃ余ってるエトレステンレスチャンネル35cmにリクイディターキャップ付けて普通のシャンプー加工して
P1030302.JPG
仮の40cm版を作ったのですがステンレス+水を含んだシャンプーは地味に重い。せっかくのスプリングが重さに負けているので赤べこの如くヘニョヘニョヘッドになってしまった。これじゃスプリング付けた意味が無い。

仕方ないので45cmのリクイディター買ってきて40cmに加工し
P1030859.JPG
遂に夢のスクイジー完成
フリップはワグテイル純正40cmを加工
P1030861.JPG
チャンネルと比べると長かったので
P1030862.JPG
寸法合わせたうえで
P1030863.JPG
フリックパーツを取り付けたので位置の調整は完璧、普通のシャンプーと比べると保水力が疑問だが軽い方が良いのでまずは様子見

ついでにチャンネルの角度の調整をしやすいように
P1030864.JPG
ハンドルをちょいと加工しといた。そんままだと気持ち角度が俺に合わないんですよ

でもって使ってみたんですが角度を立て過ぎたみたいでまあ回す時引っかかる引っかかる。
ライターで炙って
P1030870.JPG
むにゅって曲げ直して調整し直したところまあ調子いいってもんじゃないくらい良い

35cmだと微妙に届かない某会社のエントランスのガラスの上も
P1030871.JPG
ギリ届く、届くがポール使った方が体には優しいね、背伸びしてやるとあちこちきしむのは歳のせいか(笑)
そんでもってやっぱり
P1030876.JPG
最後のキメで切り残しが出るんだが、ハンドルの癖では無く俺の癖と言うか持ち方の問題かなと。
ワグテイルのハンドルはグリップを捻ればヘッドが傾きますのでこの向きなら右に捻りながらキメれば力がチャンネルの隅っこまで行くみたいでそれなりに改善される。
けど素直に縦キメの方がめんどくさくない。

さあどうやって動画を取ろうかな?





nice!(13)  コメント(14) 

答えのその先へ [掃除]

と言う事で
P1030276.JPG
テストしてみましょうかスプリングワグテイルを[るんるん]

フリックはもちろんアンダーで
P1030280.JPG
ジャブジャブと擦り
パタッと返して
P1030281.JPG
スクイジる
この
P1030282.JPG
絶妙な傾き具合分かりますかね?スプリング無いとこれがぎこちない。慣れるまでは大変だけど慣れるとこの上なく使い易いと称されるワグテイルスクイジーですが、どうせなら慣れなくても扱いやすくなるに越した事はない。

スプリングのおかげでとんでもなく扱いやすいのだが
P1030283.JPG
どうにもこうにも最後のキメが決まらない、右隅の切り残しが派手に出る。
これは多分ハンドルの癖だと思うので横キメでは無く縦キメにすれば解決すると思う。

ワグテイルハンドルとリクイディターチャンネルの相性は抜群です、さすが世界レベルの流行は伊達じゃ無いね。

で、ここで立ち止まらないのがみどり工房(笑)、俺が欲しいのは40cmのスクイジー。ドッグイヤーを切り刻み40cmのリクイディターモドキを作ったのですがその話はまた今度(笑)。




nice!(10)  コメント(14) 

答えは何処へ [掃除]

チャンネル改造に情熱を注いでますが究極のスクイジーを目指しているんですよ。もちろん俺にとっての、の話ですが。
最近は原状回復の退去後清掃にはほとんど参加して無いので主に管理物件やビルのガラスをどう楽にやるか?がポイントです。

高い汎用性を示してるのはスパイラルポジションのコンビスクイジーなのですが、あれだとシャンプーでジャブってかっぱぐ時ひっくり返さないとダメな訳で。その時間が、その時間すらもったいないのでワンストロークにこだわり続けてましたが前に書いた通りモアマンのコンビネーターの優秀さに敗北(笑)、開発はワンハンドフリップアクションへと移行します。

モアマンのフリックはなかなかの代物ですがちょいと固い、と言うか厚い。その厚み故の保水力なんだがゴワゴワしすぎてるしコンビネーターハンドルは使いやすいけど出来れば首振りハンドルが好ましい。
そこで登場
P1030269.JPG
ワグテイルのPCハンドル(って名前だったと思う)買っちゃった。
世界規模の話ではリクイディターとワグテイルの組み合わせが流行っているらしい、ガラス後進国日本はいつになったら独創的なチャンネルやスクイジーハンドルを作るのだろうか?

それはさて置きこのハンドル
P1030270.JPG
エクセレイター同様、と言うかエクセレイターがワグテイルの真似したと言っていいのか?動きは同様なんだが首振りの剛性(と言っておく)はワグテイルの方が1枚上手。
P1030272.JPG
この穴は利用できそうだね
けどチャンネルの保持が
P1030273.JPG
ネジ1本と言うイージーな構造(笑)、そこそこ高い値段のハンドルの割には細部はちゃちい。

で、このハンドルに35cmのチャンネル(リクイディター&フリック)付けて試したところこれがなかなか良い。
良いのだが首振りがエクセレイター同様緩すぎる。ハンドルの剛性その物はOKだが俺にはこのクネクネは微妙に合わない。合わないがなんだろか?斜めになってくれるのは確かにありがたい。

そこで考えたのが
P1030274.JPG
これ。スプリング付けて首振りを少し重くした

これで一応普段はほぼTの字半固定で、曲げたい時はクッとハンドルを捻れば勝手にチャンネルが傾く。スプリングの効果で傾き過ぎ無いのが良いのだよ。

で、改めて
P1030276.JPG
35cmリクイディター&フリックを付けていざテスト。

続く(笑)





nice!(12)  コメント(14) 

そして迷宮へ [掃除]

イマイチ使い勝手が悪かったウンガーステンレスプラスチャンネル。
決して悪い訳では無いのですが自分で曲げたドッグイヤーよか切り残しが出る時があるのでちょいと修正してみた
P1020997.JPG
かなり削った、と言うか切り落とした(笑)

なんでこんな形状かと言いますとリクイディターみたいに隅っこに届くようにしたいのよ。
普通のゴムは
P1020998.JPG
これだけど、派手に逃がしてるので
P1020999.JPG
斜めにカットできるので隅までゴムが届く

んでもって
P1030006.JPG
曲げ具合を変えてゴムを押さえる部分を増やしてみた
リクイディター見ると
P1030139.JPG
そんな感じなのでこれでそこそこ切れ具合は修正されるだろう

と思っていたのですがダメでしたのでこのチャンネルの存在理由が無くなってしまった。
仕方ないので切り詰めて40cmのリクイディターモドキをまた作る事にしたのですが、長い旅路の始まりでした(笑)。




nice!(9)  コメント(14) 

Proなんだから [掃除]

前にも書きましたが、良い所をどう使うか考えるのが真のプロってーもんでしょ?
あくまでも特殊用途的であって万能兵器を目指してる訳では無いんだよ、うん(自分に言い聞かせてる)。

そんな訳で
P1020670.JPG
まずはこんな感じに。
チャンネルはモアマンリクイディター、フリックはアンダーでセット。
外部高所等対策で
P1020671.JPG
えーっと、名前なんつったかな?なんとかコネクターだっけか?ワンタッチシリーズに対応させます。
スクイジーハンドルは大抵テーパーシャンクのロック式なんですが他のアタッチメントとの兼ね合いでこれじゃいと都合が悪いのよ。

そしてお馴染み撮影しやすい物件で
P1020672.JPG
早速試します
リクイディターは寝かし気味にしてグッと力を入れてかっぱぐと
P1020675.JPG
切り残しはほぼ無くなりますのでヘッドが動くこのハンドルとの相性は良いはず。
最後のキメも
P1020676.JPG
クっと押さえれば楽勝、他のハンドルだと何気でこのチャンネルはキメが難しかったりもする。

使える、これは使える。って言うかチャンネル幅40cmとの相性が悪かったのかウンガーステンレスプラスとの相性が悪いのか?リクイディター35cmだとまあスムーズスムーズ。

気を良くしたpちゃんは
P1020677.JPG
首振りポール作業にも挑みます
角度は
P1020679.JPG
もちろんストレート固定でフリックはオーバーに付け替えた。簡単に前後付け替えられるフリックはやっぱ便利だわぁ。

で、やってみましたが
P1020680.JPG
モアマンエクセレイターに遠く及ばず。

コンツアープロでポール作業をするならば
P1020682.JPG
クネクネさせず縦引き一気がいいかな?
P1020684.JPG
こんな感じで余裕で下までかっぱげる。

けど一気だと首振りの意味があんま無いのでポール作業での出番は無い様な気もするがしばらくこれ使ってみよう。








nice!(13)  コメント(12) 

Proと言われても [掃除]

MズイコーレンズにはProシリーズがあります、どれも良いレンズです。
興味は無くなったけどルミックスG9Pro、良いカメラだと思います。

名前にProって付いてるとなーんとなくだけど、なんか凄いのか?って思うのが普通じゃん?
けど乗り出し対策で買ったもう一つのスクイジーハンドル
P1020593.JPG
P1020592.JPG
エトレーコンツアープロって言うんだけど、ちょっとなぁ。

特徴としては
P1020590.JPG
首振りはもちろん
P1020587.JPG
角度0度に固定も出来ます

チャンネルも
P1020584.JPG
ワンタッチで
P1020583.JPG
交換可能。

と、ここまではウンガーエルゴテックニンジャハンドルとそう変わりませんが、こいつの最大の特徴でもある
P1020588.JPG
このつまみでスプリング調節できます、このハンドル首が横にだけではなく縦にも動きます。
ここに
P1020585.JPG
スプリングが仕込まれておりクキョクキョとヘッドが動くんですよ

これなら無理な姿勢でもキメやすいはずなのでニンジャと一緒に買ってみたんですが、これがどうにもこうにも使いづらいと言うか何と言うか。

普通に
P1020582.JPG
使う分には
P1020577.JPG
この最後のキメの時
P1020578.JPG
くっと力を入れると手首に負担がかからず押さえ込みやすいんですが
首振り機構にロックが無いので
P1020579.JPG
思い切りここのネジを締めておかないと
P1020580.JPG
勝手に動いてしまう。モアマンエクセレイターやワグテイルみたいにスムーズに動くのならまだしも固すぎるのでかえってぎこちない動きになってしまうからスムーズにかっぱげない。

自腹でなくて良かった(笑)が、こいつを使えるようにしないと経費無駄遣いになっちまうから考えないとなぁ。





nice!(10)  コメント(16) 

その名はウンガーエルゴテックニンジャスクイジー 後編 [掃除]

そんな訳でチャンネルはなかなかの出来栄えです。
で、肝心のでんちゃんからのリクエストされた機能の程はいかに!

まずはワンタッチでチャンネルをずらす作業ですが
P1020542.JPG
忍者マークのレバーを
P1020543.JPG
引っ張り出します
P1020544.JPG
普通これでチャンネルがフリーになりそうですが
P1020545.JPG
これだけではチャンネルは動きません

引っ張り出したレバーを
P1020547.JPG
押し込んでチャンネルがフリーになります
フリーになりますが
P1020548.JPG
簡単には落ちません。
乗り出し中は片手作業なのであともうちょいで隅に届くって時にそのままの姿勢でチャンネルをずらせばかっぱげるって状況が結構あるんですよ。これならそれが出来る。

そしてそのあともうちょいって時は首振りスクイジーの出番です
P1020549.JPG
この緑のボタンを
P1020550.JPG
押し込めば
P1020551.JPG
かくッと傾いてくれますので手首の負担も少なくて済む。

これでも乗り出しはしないといけないと思うけど無理な姿勢はそれなりに回避出来るかなと。
乗り出しじゃないけど試しにこのスクイジー使ってみたけど良い具合の重さなので使い心地はなかなか良い、やべぇ俺も欲しいかも(笑)。

まあ俺用に違うタイプの首振りハンドルも買ってあるのでそれの出来具合で考えよう。





nice!(11)  コメント(14) 

その名はウンガーエルゴテックニンジャスクイジー 前編 [掃除]

2016年度のデータって言う表現で良いのかな?高所ガラス清掃時の死亡事故は6件あるのですが、そのうち3件はブランコの不正操作で残り3件のうち2件が伸縮ハシゴからの落下で最後の1件は外部乗り出し時の落下だったはずなんだけど表に出ない怪我の話なんていくらでもあるんだろうなきっと。

さて、ブランコ作業は弊社はしませんのでとりあえずスルーしますがハシゴと乗り出しはよくやってます。
この2点の共通点は命綱が使えないって事。
高く伸ばしたハシゴに命綱を付けてもハシゴごと倒れれば意味無いし、乗り出しの場合だと付ける所すら無い。

土手の草取りでハシゴからおじちゃんが落っこちても安全対策を講じない極めてブラッキーな弊社。自衛しか手は無いんです。
そこら辺を踏まえてモアマンの首振りスクイジーとか自腹で買って試してますが何故か他の社員はあまり関心無いようで。

ポール作業そのものを嫌っていると言うか窓枠はどうやって拭くの?みたいな疑問が出ました。
そんな場合は足場組むなりブランコ雇うなりしてそれなりの金額を請求すりゃいーんですよ、出来ない営業が悪い。俺が目指してるのは通常作業での安全確保、高所も乗り出しも実際弊社の仕事内容としては稀な作業ですがマンションとかだと腰窓だっけか?あれの外側とかやる時どうしても乗り出さないと出来ない場合がある。

で、少しでも乗り出し量を少なくするために
P1020537.JPG
試しに買ってみた、これは会社の金です(笑)。
ウンガーエルゴテックニンジャスクイジー、見た目はごついが重くない。

間違い無く弊社で一番乗り出し作業を行うでんちゃんことO課長にどんなギミックがあればいいか要望を聞き、彼に渡すべくそれに見合うのを探してたらこれになった。
首振りハンドルでワンタッチでチャンネルをずらす事が出来ると良いな、との事です。

それでは見てみましょう
P1020538.JPG
スクレイパー同様漢字表記だね

このスクイジー、と言うかチャンネルの特徴は
P1020540.JPG
モアマンとは違うけど隅っこが樹脂製でサッシフレームに傷が付きにくいし
P1020541.JPG
ワンタッチでゴムの交換が出来る優れ物、ここが斜めだったら最高なんだが多分特許がらみで出来ないんだろう多分。

後半に続く(笑)










nice!(11)  コメント(16)